慶應義塾大学附属研究所 | 斯道文庫 - KEIO Institute of Oriental Classics -

  • トップページ
  • サイトマップ

お知らせ

トップページ > お知らせ

共通
date: 2016/05/04

国際研究集会「日本における漢籍の伝流」を開催します。

 斯道文庫では、下記のイベントを共催します。奮ってご参加下さるようお願い申し上げます。

     宮内庁書陵部収蔵漢籍画像公開記念国際研究集会
     日本における漢籍の伝流
     -デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」の視角-

     日時: 平成28年6月4日(土)10:00~17:30
     会場: 慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
     主催: 書陵部漢籍研究成果報告会実行委員会
     プログラム:
     第Ⅰ部 研究報告Ⅰ 仏典と漢籍旧鈔本
     第Ⅱ部 講演とシンポジウム「漢籍研究とデジタルアーカイブ」
     第Ⅲ部 研究報告Ⅱ 宋元版と家別け文庫
     参加無料・登録不要

 広く漢籍と、日本文化研究に関心ある皆様のご参加をお待ちしております。
 詳しくは添付のポスター↓をご覧下さい。

PDF日本における漢籍の伝流・ポスター.pdf

共通
date: 2016/05/27

英国の通信教育媒体FutureLearnでの受講登録を開始しました

慶應義塾大学は昨年5月、英国のMOOCs(Massive Open Online Courses)配信事業体であるFutureLearnと配信協定
(Course Distribution Agreement)を締結しました。
そして本年4月25日、FutureLearnにおいて、慶應義塾大学が提供するコ ンテンツとして初の受講登録を開始しました。

FutureLearnは、英国の通信教育で実績のあるOpen Universityが、23のトップ大学およびブリティッシュ・カウンシル、
大英博物館、大英図書館と連携して2013年に配信を開始したオンライン教育配信事業体です。
参加機関は88機関(うち55大学、日本からは慶應義塾大学のみ)、336万人が受講しています(4/7現在)。

受講登録を開始したのは、斯道文庫の佐々木孝浩教授と一戸渉准教授による講義 「Japanese Culture Through Rare Books」で、
7月18日より公開、全3回(3週間)が予定されています。斯道文庫所蔵資料のほか、慶應義塾図書館所蔵資料の画像を多く
取り上げ、言語は日本語(英語字幕)で、受講者同士でのディスカッションは英語で行われます。なお、受講料は無料です。

FutureLearn 慶應義塾大学ページ
「Japanese Culture Through Rare Books」講義ページ

共通
date: 2016/04/27

「斯道文庫論集」第50輯を刊行いたしました。

「斯道文庫論集」第50輯を刊行いたしました。詳しくは論集総目次のページをご覧下さい。